e-Q<イーキュウ> 基本的な使用方法

<直接 温熱刺激>
設定温度は『低』又は『中』に限定!  低・・47℃ 約5秒間    中・・51℃ 約2.5秒間
実施回数は 平均 2回〜3回
個人差ありますので、問診で確認しながら回数を決定してください
@本体とボックス A主電源を入れる B低・中・高 温度設定する C本体スイッチをON
ブルーのランプ点灯
D患部へ先端部
接触させ、スイッチON
※ブルーのランプ点灯
E2〜3回
で終了!
使用方法1 使用方法2 使用方法3 使用方法4 使用方法5  
        注意!火傷に気をつけてください  
 
<コンビネーション:温熱刺激温度>
設定温度『高』はコンビネーション治療(エキス+パッチ)専用温度としてご使用下さい。  高・・60℃ 約3秒間
実施回数は、平均2回〜3回
個人差ありますので、問診で確認しながら回数を決定してください
@Aは上記と同じ B温度設定『高』にする。
※1時方向
Cパッチを用意する。 Dパッチに『エキス』を一滴
不織布へ浸透させる。
使用方法1 使用方法2 使用方法3 使用方法4 使用方法5  
 
E浸透したパッチを
患部へ貼る。
F『高』設定で先端部を
パッチの上から熱刺激
1回目
G2回目
問診かけながら
※個人差あり
H3回目
問診かけながら
※個人差あり
I終了
使用方法6 使用方法7 使用方法8 使用方法9 患部から『パッチ』を剥がし
治療終了です。

お疲れ様でした。

注意!
火傷に気をつけてください